原子力委員会ホーム > 会議情報 > 専門部会等 > 地球環境保全・エネルギー安定供給のための原子力のビジョンを考える懇談会



地球環境保全・エネルギー安定供給のための原子力のビジョンを考える懇談会


 原子力委員会は、平成17年に原子力政策大綱を策定し、「原子力発電は長期にわたってエネルギー安定供給と地球温暖化対策に貢献する有力な手段として期待できる」と位置づけて、その実現に向けた短、中、長期の観点からの取組の基本的考え方を示しました。
 エネルギー安定供給と地球温暖化対策に貢献する原子力の取組については、昨今の地球環境問題への意識の高まりを受けて、国内外で急速に議論が進んでいます。具体的には、気候変動問題の克服に向けて、我が国が国際的リーダーシップを発揮する取組の一つに原子力を位置づけ、また、環境・エネルギー技術を中核とした経済成長を図るために、原子力発電所の新・増設の投資環境整備、科学的合理的規制による既設発電所の適切な活用、先進技術開発、人材育成等の実施が上げられています。(「21世紀環境立国戦略」及び「イノベーション25」(いずれも平成19年6月1日閣議決定))
 また、ハイリゲンダムG8サミットの首脳宣言「世界経済における成長と責任」(平成19年6月7日)では、気候変動について述べる中で、2050年までに地球規模での温室効果ガスの排出を少なくとも半減させることを含む、EU、カナダ及び日本による決定を真剣に検討するとしています。一方、エネルギー多様化の重要性を述べる中で、原子力についてはその平和的利用の一層の発展に沿った国家的及び国際的なイニシアティブに留意するとしています。
 このような状況を踏まえ、原子力委員会は、我が国としては原子力政策大綱の基本的考え方に則って原子力開発利用を着実に進めつつ、その国際的な拡大への対応等、2050年までに温室効果ガスの排出を半減するという目標に向けて今ここで何をなすべきかを検討する必要があると考えます。
 そこで、この検討を行うために「地球環境保全・エネルギー安定供給のための原子力のビジョンを考える懇談会」を設置(77KB)しました。
 構成員についてはこちら(88KB)。


○地球温暖化対策としての原子力エネルギーの利用拡大のための取組みについて
 ・報告及び用語解説(1,179KB) (・報告英語版(873KB))
 ・原子力委員会決定(53KB)

<参考資料>
 ・各電源特性比較表(187KB)

○原子力委員会「地球環境保全・エネルギー安定供給のための原子力のビジョンを考える懇談会」の報告(案)に対する意見募集について  

(意見募集は終了しました。ご意見ありがとうございました。)

地球環境保全・エネルギー安定供給のための原子力のビジョンを考える懇談会報告(案)に対する意見募集にていただいた御意見と対応(551KB)



会議資料
議事録
2008.03.11 第7回会議資料 第7回議事録(278KB)
2008.01.29 第6回会議資料 第6回議事録(282KB)
2007.12.20 第5回会議資料 第5回議事録(345KB)
2007.11.16 第4回会議資料 第4回議事録(104KB)
2007.10.25 第3回会議資料 第3回議事録(121KB)
2007.10.12 第2回会議資料 第2回議事録(122KB)
2007.09.20 第1回会議資料 第1回議事録(99KB)


トップへ戻る