報告書案に寄せられた国民の方々からの意見の主な項目

 

 

 

 

 

 

この資料は、寄せられた意見を報告書案の構成に従って、
項目別に事務局が整理したものです


第一部 総論
T.なぜ、いま、高レベル放射性廃棄物処分問題を議論するのか
   @国民に周知され理解を得ることの重要性
   A制度・体制の早期確立、事業の早期実施、研究開発の加速
   B世代責任の考え方について

U.高レベル放射性廃棄物処分とは
   @地層処分について
   A廃棄物の貯蔵管理

 

第二部 各論
第一章 廃棄物処分について社会的な理解を得るために
 1.広汎に議論を行うために
   @国民に周知され理解されるための方策
   A議論の場、情報提供の充実

 2.透明性確保と情報公開
   @情報公開、透明性の確保の重要性
   A処分事業のプロセスの明確化
   B透明性確保のあり方、外部からのチェック
   C情報公開のあり方
   D情報提供のあり方

 3.教育・学習
   @教育の重要性
   A教育に取り入れる具体的内容
   B人材確保のための教育

 

第二章 処分の技術と制度について
 1.処分技術への理解と信頼を得るために
   @研究開発の推進
   A研究開発の体制
   B廃棄物の減量化・有効利用
   C処分技術への社会的理解・信頼の重要性
   D深地層の科学的研究施設の重要性
   E深地層の研究施設の進め方

 2.事業資金の確保
   @事業資金の負担のあり方
   A事業資金の範囲
   B事業資金の算定

 3.実施主体
   @関係機関の役割・責任
   A実施主体の形態
   B実施主体の備えるべき要件

 4.諸制度の整備
   @処分場の閉鎖及び前後の管理
   A損害賠償・補償
   B安全基準の策定

 5.長期性への対応
   @柔軟性の確保
   A記録の保存・伝承

 

第三章 立地地域との共生
 1.基本的考え方
   @処分事業と立地地域との共生の考え方
   A地域間の連帯の重要性とそのための方策
   B地域間の公平の重要性とそのための方策

 2.立地地域との共生に向けた取組み
   @共生方策の進め方
   A共生方策の具体的内容

 

第四章 処分地選定プロセス
 1.基本的考え方
  ○関係機関の役割
   @国の役割
   A電気事業者の役割
   B関係機関の役割
  ○関係自治体や関係住民の意見の反映
   @地域住民の意見の反映方策
   A関係住民の範囲
  ○国・地域レベルでの検討・調整の機能
   @第三者によるチェックのあり方
  ○その他
   @処分地選定の考え方
   A処分地選定の進め方

 2.処分地選定プロセスと留意点
  ○処分地選定プロセス
   @候補地選定の進め方
   A公募方式における自治体の応募のあり方
   B処分地選定の進め方
   C選定プロセスにおける留意点
   D処分地の考え方
  ○国の確認と第三者による検討
   @国の確認のあり方

 

 

<原子力の基本政策全般他>
 1.基本政策
  @今後の原子力の開発利用のあり方
  A今後の核燃料サイクルのあり方
  B代替エネルギー開発、省エネルギーの促進

 2.その他
 ○議論の進め方
  @処分問題は原子力政策全般と切り離しては議論できない
  A廃棄物の発生量の確定、既存の廃棄物と今後発生するものとの区別
  B地層処分、再処理、原子力利用についての多様な選択肢の提示
 ○処分懇談会の運営について