御意見・御質問 内閣府共通検索 ENGLISH
利用規約 リンク 所在地情報 ウェブアクセシビリティ
原子力委員会について 会議情報 決定分・報告書等 活動紹介 分野別情報 メールマガジン

原子力委員会ホーム > フォトギャラリー > 第16回アジア原子力協力フォーラム(FNCA)大臣級会合



第16回アジア原子力協力フォーラム(FNCA)大臣級会合


第16回アジア原子力協力フォーラム(FNCA)大臣級会合【平成27年12月8日】



島尻大臣

松本副大臣

マディウス・タンガウ
マレーシア科学技術革新省大臣


 平成27年12月8日、東京三田共用会議所において第16回アジア原子力協力フォーラム(FNCA)大臣級会合を開催し、日本からは島尻安伊子内閣府特命担当大臣(科学技術政策)、松本文明内閣府副大臣が出席されました。FNCA大臣級会合は、参加国の原子力科学担当大臣級が、原子力技術の平和利用に関する地域協力推進のため、年に一度、一堂に会して政策対話を行うものであり、今次会合では、本年度開催の国連サミットや国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)を踏まえて、「気候変動と原子力の役割」をテーマに、FNCAの気候変動対策への貢献、及びFNCAの今後の更なる発展に向けた改革について討議をし、結果を共同コミュニケとして採択しました。
 今次会合では、OECD/NEAマグウッド事務局長を招聘し、同氏より「OECD/NEAとの協力と発展について」と題する基調講演がなされました。基調講演では、気候変動緩和策としての原子力エネルギーの重要性を解説し、原子力基盤整備の促進に向けてOECD/NEAがFNCAに提供できる様々な支援策が提案されました。続く円卓討議では、 「気候変動と原子力の役割」をテーマに、原子力科学技術による気候変動緩和・適応への貢献策を討議し、3分野(気候変動科学、緩和、適応の各分野)における行動計画を策定しました。 引き続き、「FNCAの改革」をテーマに、経済発展著しい参加各国のニーズに則したFNCA活動を展開すべく、FNCA会合の改革案を討議し、この内容について共同コミュニケを採択しました。
 こうした議論を踏まえて採択された決議の主な内容は以下のとおりです。

  • 2017年に原子力科学・技術を活用した新たな気候変動科学プロジェクトを開始する。
  • 持続可能な開発のため、FNCA原子力適応プロジェクト、例えば、気候変動適応策として貢献可能な放射線育種プロジェクトを一層推進する。
  • 利害関係者の関与や一般社会とのコミュニケーション促進を通じた、原子力技術に対する信頼構築に向けた関連活動及び国際規約準拠を考慮に入れた原子力損害賠償補償のための国内枠組を強化する。
  • FNCAの主要な役割の強化や協力を通じた互恵のため、IAEAやOECD/NEAのような国際機関との連携を促進する。
  • FNCAが参加国のニーズに速やかに応えていくために、FNCAの業務の効率・効果向上の必要性からFNCA活動の運用の在り方を改善する。
  • 諸活動のための資源の多様化とプロジェクト/テーマの成果の一層の活用を促す。

以 上


アメリア・グエバラ
フィリピン科学技術省
研究開発担当副大臣

チュウ・ゴック・アン
ベトナム科学技術省副大臣

会合風景



トップへ戻る