御意見・御質問 内閣府共通検索 ENGLISH
利用規約 リンク 所在地情報 ウェブアクセシビリティ
原子力委員会について 会議情報 決定分・報告書等 活動紹介 分野別情報 メールマガジン

原子力委員会ホーム > メールマガジン配送サービス > バックナンバー

メールマガジン
第258号 原子力委員会メールマガジン


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ No.258 ━━━━━
    @mieru(あっとみえる) 原子力委員会メールマガジン
             2018年11月16日号
   ☆★☆ めざせ! 信頼のプロフェッショナル!! ☆★☆

┏ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣ 会議情報
┃  (11月6日) 
┃  ・国立大学法人東京大学の原子炉設置変更承認(使用済燃料の処分の方
┃   法の変更)について(諮問)(原子力規制庁)
┃  (11月13日) 
┃  ・国立大学法人東京大学の原子炉設置変更承認(使用済燃料の処分の方
┃   法の変更)について(答申)
┃  ・平成30年度版原子力白書について
┃  ・岡原子力委員会委員長の海外出張について
┣ 原子力関係行政情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


科研費100周年記念シンポジウムに参加して
                             中西 友子

11月5日に文部科学省の科学研究費助成事業(科研費)が始まって100周年の記
念シンポジウムが、文部科学省と独立行政法人日本学術振興会(学振)の主催で
東大の安田講堂で開催された。文部科学大臣政務官と学振理事長の挨拶に続き、
学振の家泰弘理事が科研費の沿革や現在の科研費の状況など科研費全体につい
て紹介された。総額2300億円/年の科研費を現在7万5千人にも達する科研費の
受給研究者にいかに公平に分配してきたか、またその問題点などについても詳
細に説明がなされた。例えば、科研費の申請については、最近、電子申請とな
ったものの、つい最近までは10万人の研究者の応募書類が、部屋いっぱいの山
積みとなった段ボールに入れられ、気が遠くなるような学振の方の作業を経て
応募用紙は審査員に送られていた。

色々な苦労の末、審査され採択となった科研費がどれほどの研究者の研究を育
てあげてきたかは、その次の梶田隆章先生、大隅良典先生の二人のノーベル賞
受賞者の講演によりしっかり説明された。お二人の研究内容については紹介す
るまでもないが、講演では、「研究を始めた初期の段階では、受給された科研
費は非常に少額であり、次第に大きな額となったものの、途切れることなく受
給できたことが研究の発展に大きく寄与した」旨が話された。また、「特に若
い時期、新しい独創的な研究を始めようとしている時は多額の研究費よりも自
由な時間と環境が大切だ」と言われたことは印象的であった。

私も科研費には大変お世話になってきており、放射線や放射性同位元素を利用
した植物研究に対して、現在も含め、途切れることなくサポートをいただいて
きている。その結果、長いスパンを経て、これまでに無かった汎用の放射性同
位元素を用いた植物のイメージング装置を開発することができたことは科研費
のお陰だと思っている。

シンポジウムでは、その後、パネルディスカッションも行われたが、科研費の
額や配分方法も大切だが、科研費そのものの重要性や基礎研究の意義について
の議論も重要だとの意見が多かった。特に、「応用を見据え、応用に繋がる研
究が基礎研究と言うことにより、応用が見えない基礎研究の価値を下げること
になってはいけない」との危惧も表明された。どの分野でも、広い裾野を持っ
た基礎研究の土台なしに優れた応用研究は生まれない。原子力や放射線の利用
分野も勿論例外ではない。

今回のシンポジウムを通し、研究の支援とは何かを考えさせられた。「人がそ
の英知を発揮するために創造的活動を支援し、新しい原理や新しい考え方を創
造するために行う。」という講演者の意見が心に残った。


━・・・━━ 会議情報 ━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・

●原子力委員会の会議を傍聴にいらっしゃいませんか。会議は霞ヶ関周辺で開
催しており、どなたでも傍聴できます。開催案内や配布資料は、すべて原子力
委員会ウェブサイト(以下URL)で御覧いただけます。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/index.htm

●11月6日(火)の会議の概要は以下のとおりです。詳しくはウェブサイトに掲
載される議事録を御覧ください。

【議題1】国立大学法人東京大学の原子炉設置変更承認(使用済燃料の処分の方
法の変更)について(諮問)(原子力規制庁)

<主なやりとり等>
東京大学の原子炉設置変更承認(使用済燃料の処分の方法の変更)について原
子力規制庁からご説明いただき、その後、質疑を行いました。

●11月13日(火)の会議の概要は以下のとおりです。詳しくはウェブサイトに
掲載される議事録を御覧ください。

【議題1】国立大学法人東京大学の原子炉設置変更承認(使用済燃料の処分の方
法の変更)について(答申)

<主なやりとり等>
東京大学の原子炉設置変更承認(使用済燃料の処分の方法の変更)の答申案に
ついて、事務局から説明が行われ、その後、委員間で議論を行い、案の通り答
申することとなりました。

【議題2】平成30年度版原子力白書について

<主なやりとり等>
 平成30年度版原子力白書の構成や特集、今後のスケジュールなどについて、
 事務局から説明を行いました。

【議題3】岡原子力委員会委員長の海外出張について

<主なやりとり等>
11月19日(土)〜25日(日)にかけて、岡委員長がパリで開催される日
仏原子力委員会などに出席予定である旨、事務局から説明が行われました。


●次回の委員会開催については、以下の開催案内から御確認ください。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/topic/kaisai.htm


━・・・━━ 原子力関係行政情報 ━━・・・━━・・・━━・・・━━・

原子力関係の他の行政における委員会等のリンク情報は以下のとおりです。
直近で開催された委員会等がある場合には、【New】マークを付けておりま
す。

※URLが改行されてリンクが認識されない場合
URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。


■首相官邸
┗原子力防災会議
(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku_bousai/)
┗原子力災害対策本部
(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku/)
┗原子力立地会議
(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/index/gensiryoku/)


■内閣官房
┗原子力関係閣僚会議
(http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/genshiryoku_kakuryo_kaigi/)
┗最終処分関係閣僚会議
(http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/saisyu_syobun_kaigi/)
┗原子力損害賠償制度の見直しに関する副大臣等会議
(http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/genshiryoku_songaibaisho/index.html)
┗「もんじゅ」廃止措置推進チーム
(https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/monju/index.html)


■経済産業省
┣高速炉開発会議
(http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy_environment.html)
┣エネルギー情勢懇談会
┣高速炉開発会議戦略ワーキンググループ


■資源エネルギー庁
┣総合資源エネルギー調査会電力・ガス事業分科会
(http://www.meti.go.jp/committee/gizi_8/21.html)
┗原子力小委員会
┣自主的安全性向上・技術・人材WG
┣放射性廃棄物WG
┣地層処分技術WG
┗原子力事業環境整備検討専門WG
┗電力基本政策小委員会
┣総合資源エネルギー調査会基本政策分科会
(http://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/)
┗基本政策分科会
┣長期エネルギー需給見通し小委員会
┣発電コスト検証WG
┗電力需給検証小委員会
(http://www.meti.go.jp/committee/gizi_8/18.html#denryoku_jukyu)
┗電力システム改革貫徹のための政策小委員会
(http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/kihonseisaku/denryoku_system_kaikaku/001_haifu.html)
┗エネルギー情勢懇談会
(http://www.enecho.meti.go.jp/committee/studygroup/#ene_situation)
┗使用済燃料対策推進会議
(http://www.enecho.meti.go.jp/committee/studygroup/#ene_situation)


■原子力規制委員会
(https://www.nsr.go.jp/)
┗◆【New】原子力規制委員会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/kisei/index.html)
┣合同審査会(原子炉安全専門審査会・核燃料安全専門審査会)
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/roanshin_kakunen/index.html)
┣放射線審議会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/houshasen/index.html)
┣国立研究開発法人審議会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/nrda/nrda/index.html)
┣量子科学技術研究開発機構部会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/nrda/nirs/index.html)
┣日本原子力研究開発機構部会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/nrda/jaea/index.html)
┣原子力規制委員会政策評価懇談会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/seihyou_kondan/index.html)
┗原子力規制委員会行政事業レビューに係る外部有識者会合
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/gyousei_gaibu/index.html)
┗原子炉安全専門審査会 原子炉火山部会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/roanshin_kazan/00000002.html)


■文部科学省
┗原子力科学技術委員会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/055/index.htm)
┣原子力人材育成作業部会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/079/index.htm)
┣核融合研究作業部会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/056/index.htm)
┣核不拡散・核セキュリティ作業部会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/076/index.htm)
┣原子力施設廃止措置等作業部会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/088/index.htm)
┗研究施設等廃棄物作業部会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/057/index.htm)
┗核融合科学技術委員会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/074/index.htm)
┗原型炉開発総合戦略タスクフォース
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/078/index.htm)
┗調査研究協力者会議等(研究開発)
┗「もんじゅ」廃止措置評価専門家会合
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kaihatu/022/index.htm)


■復興庁
┣福島12市町村の将来像に関する有識者検討会
(http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat1/sub-cat1-4/20141226184251.html)
┗原子力災害からの福島復興再生協議会
(http://www.reconstruction.go.jp/topics/000818.html)


■環境省
┗東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する
専門家会議
(https://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01.html)


■厚生労働省
┗薬事・食品衛生審議会(食品衛生分科会放射性物質対策部会)
(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-yakuji.html?tid=127896)


●次号配信は、平成30年11月30日(金)午後の予定です。


======================================================================
発行者:内閣府原子力政策担当室(原子力委員会事務局)
原子力委員会:岡 芳明委員長、佐野 利男委員、中西 友子委員
○メルマガへの御意見・御感想はこちらへ(お寄せいただいた御意見に対しては、
原則として回答致しませんが、今後の原子力委員会の業務の参考とさせていただ
きます。)
 https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0017.html
○配信希望、アドレス変更、配信停止などはこちらへ
 http://www.aec.go.jp/jicst/NC/melmaga/index.htm
○原子力委員会ホームページ  http://www.aec.go.jp/
○このメールアドレスは発信専用のため、御返信いただけません。
======================================================================


            

戻る

ページの先頭へ