御意見・御質問 内閣府共通検索 ENGLISH
利用規約 リンク 所在地情報 ウェブアクセシビリティ
原子力委員会について 会議情報 決定分・報告書等 活動紹介 分野別情報 メールマガジン

原子力委員会ホーム > メールマガジン配送サービス > バックナンバー

メールマガジン
第255号 原子力委員会メールマガジン


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ No.255 ━━━━━━
    @mieru(あっとみえる) 原子力委員会メールマガジン
             2018年9月28日号
   ☆★☆ めざせ! 信頼のプロフェッショナル!! ☆★☆

┏ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣ 委員からひとこと
┣ 会議情報
┃  (9月25日) 
┃   ・放射線科学基盤機構の設置について
┃   (日本核医学会理事長 畑澤氏(大阪大学))
┃   ・日本原子力研究開発機構原子力科学研究所の原子炉設置変更許可
┃   (放射性廃棄物の廃棄施設等の変更)について(諮問)(原子力規制庁)
┣ 原子力委員会HP情報
┣ 原子力関係行政情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━・・・━━ 委員からひとこと ━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・

東京電力福島第一原発事故による農業への放射能汚染について(その1)
                                                  中西 友子

今年で東京電力福島第一での原発事故から7年が経過したが、まだ4万4千人ほどの
方々が避難生活を続けている。周知のように福島県とは農業のさかんな県であり、
震災後の2016年でも農業産出額は約2000億円であり、米、畜産、野菜、果物(+花き)
が夫々約1/4ずつを占めている。このような農業県で放射能汚染が農業に与えた影
響は具体的にはどのようなものだったのだろうか。これから、この小文では改めて
この7年間を振り返り、科学的な観点から判ってきたことを紹介していきたい。

というのも、私が所属している東京大学大学院農学生命科学研究科では、事故直後
から今日まで継続して、教員が中心となりボランティアベースで放射能汚染の農畜
水産物等への影響を調べてきている。事故直後、農業の現場で実際に役立つことを
第一と考えた研究計画が多くの教員から出され、その計画に基づき、穀物、畜産物、
魚介類、フィールドなどの分野ごとにグループが作られ研究が進められてきた。
このグループは、農学部にある圃場、牧場などの各種附属施設、ならびに、各専攻
全てを串刺しにした教員で構成され、今まであまり馴染みの無かった異分野の研究
者が、復興支援のための研究を効果的に推進するため、相互に協力しつつ調査研究
を行ってきた【参考1】。

農業現場での研究とは自然相手の研究である。そのため、一つの専門分野の研究者
だけではなく、いくつかの異なる専門の研究者が協力し合って初めて解析が可能と
なる。例えば、稲作については稲の栽培の専門家、土壌の専門家、水利の専門家な
どが集まって議論をすることにより、初めて、どうして汚染米ができたのかが判っ
てくるのである。

このプロジェクトが今でも続いている大きな理由のひとつはボランタリーベースで
推進してきていることが大きい。夫々の教員は自分の専門の研究をしながら並行し
て福島の調査研究を進めている。放射能汚染についての調査研究は、現在の主な汚
染核種がセシウム-137(半減期が30年)であることから判るように、非常に長期に
渡る調査研究が必要であり、継続していくことに大きな意義がある。現場の汚染状
況の変化も日々を争うものではなく、各専門家が得意な分野から適宜調査研究を行
っている状況が最も持続性が高くなるものとこれまでの経験から考えている。

私は植物における放射線利用が専門であることから、このプロジェクトの纏め役を
務めさせていただいたので、調査結果が纏まってきた分野について、一般の方への
報告会を2011年から今日まで14回に渡って、大学で開催してきた。また2013年には、
それまでの成果を日本語の成書として纏めさせていただいた【参考2】。英語版の
成書は米国の出版社から、2013年、2016年と既に2冊出版してきており、来春には第
3冊目が出版される予定である。また、これらの内容は全て無料で誰でもウェブから
ダウンロードできるようになっている。ちなみに、これまでにダウンロード数は、
1冊目は120,000回、2冊目は59,000回にのぼっている【参考3】。
 
今後、この小文では、これらに公表した調査研究結果を紹介していきたいと思って
いる。
なお、上記で紹介した詳しい内容を知りたい方は以下を参考に願いただきたい。

【参考】
1.放射能の農畜水産物等への影響についての研究報告会(1〜14回)
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/rpjt/index.htmlのイベントの項
2.中西友子「土壌汚染」NHKブックス(2013)
3.Nakanishi, T.M. & Tanoi, K. (eds.)”Agricultural Implications of the 
Fukushima Nuclear Accident”, 
Springer (2013年と2016年出版) 
なお、英語版は以下のサイトからもダウンロードできる。
(2013年版) https://www.springer.com/us/book/9784431543275
(2016年版) https://www.springer.com/us/book/9784431558262 

━・・・━━ 会議情報 ━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・

●原子力委員会の会議を傍聴にいらっしゃいませんか。会議は霞ヶ関周辺で開催し
ており、どなたでも傍聴できます。開催案内や配布資料は、すべて原子力委員会ウ
ェブサイト(以下URL)で御覧いただけます。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/index.htm

●9月25日(火)の会議の概要は以下のとおりです。詳しくはウェブサイトに掲載さ
れる議事録を御覧ください。

【議題1】放射線科学基盤機構の設置について
(日本核医学会理事長 畑澤氏(大阪大学))

<主なやりとり等>
 放射線科学基盤機構の設置について、大阪大学の畑澤氏にご説明いただき、委員か
 らこういった取組ができた経緯などについて質問がありました。

【議題2】日本原子力研究開発機構原子力科学研究所の原子炉設置変更許可
(放射性廃棄物の廃棄施設等の変更)について(諮問)(原子力規制庁)

<主なやりとり等>
日本原子力研究開発機構原子力科学研究所の原子炉設置変更許可(放射性廃棄物の廃
棄施設等の変更)について原子力規制庁からご説明いただき、質疑を行いました。


●次回の委員会開催については、以下の開催案内から御確認ください。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/topic/kaisai.htm

━・・・━━ 原子力委員会HP情報 ━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・

去る7月5日に原子力委員会で決定され、7月6日に閣議配布された「平成29年度版原子
力白書」につきまして、HTML版を原子力委員会HPに掲載いたしました。
こちらにつきましては、下記URLから閲覧することができますのでご利用下さい。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/about/hakusho/hakusho2018/index_html29.htm

━・・・━━ 原子力関係行政情報 ━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━

原子力関係の他の行政における委員会等のリンク情報は以下のとおりです。直近で開
催された委員会等がある場合には、【New】マークを付けております。

※URLが改行されてリンクが認識されない場合
URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。

■首相官邸
┗原子力防災会議
(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku_bousai/)
┗原子力災害対策本部
(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku/)
┗原子力立地会議
(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/index/gensiryoku/)

■内閣官房
┗原子力関係閣僚会議
(http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/genshiryoku_kakuryo_kaigi/)
┗最終処分関係閣僚会議
(http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/saisyu_syobun_kaigi/)
┗原子力損害賠償制度の見直しに関する副大臣等会議
(http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/genshiryoku_songaibaisho/index.html)
┗「もんじゅ」廃止措置推進チーム
(https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/monju/index.html)


■経済産業省
┣高速炉開発会議
(http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy_environment.html)
┣高速炉開発会議 戦略WG
┣エネルギー情勢懇談会
┣高速炉開発会議戦略ワーキンググループ

■資源エネルギー庁
┣総合資源エネルギー調査会電力・ガス事業分科会
(http://www.meti.go.jp/committee/gizi_8/21.html)
┗原子力小委員会
┣自主的安全性向上・技術・人材WG
┣放射性廃棄物WG
┣地層処分技術WG
┗原子力事業環境整備検討専門WG
┗電力基本政策小委員会
┣総合資源エネルギー調査会基本政策分科会
(http://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/)
┗基本政策分科会
┣長期エネルギー需給見通し小委員会
┣発電コスト検証WG
┗電力需給検証小委員会
(http://www.meti.go.jp/committee/gizi_8/18.html#denryoku_jukyu)
┗電力システム改革貫徹のための政策小委員会
(http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/kihonseisaku/denryoku_system_kaikaku/001_haifu.html)
┗エネルギー情勢懇談会
(http://www.enecho.meti.go.jp/committee/studygroup/#ene_situation)
┗使用済燃料対策推進会議
(http://www.enecho.meti.go.jp/committee/studygroup/#ene_situation)


■原子力規制委員会
(https://www.nsr.go.jp/)
┗◆【New】原子力規制委員会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/kisei/index.html)
┣合同審査会(原子炉安全専門審査会・核燃料安全専門審査会)
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/roanshin_kakunen/index.html)
┣◆【New】放射線審議会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/houshasen/index.html)
┣国立研究開発法人審議会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/nrda/nrda/index.html)
┣量子科学技術研究開発機構部会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/nrda/nirs/index.html)
┣日本原子力研究開発機構部会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/nrda/jaea/index.html)
┣原子力規制委員会政策評価懇談会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/seihyou_kondan/index.html)
┗原子力規制委員会行政事業レビューに係る外部有識者会合
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/gyousei_gaibu/index.html)
┗原子炉安全専門審査会 原子炉火山部会
(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/roanshin_kazan/00000002.html)

■文部科学省
┗原子力科学技術委員会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/055/index.htm)
┣原子力人材育成作業部会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/079/index.htm)
┣核融合研究作業部会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/056/index.htm)
┣核不拡散・核セキュリティ作業部会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/076/index.htm)
┣原子力施設廃止措置等作業部会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/088/index.htm)
┗研究施設等廃棄物作業部会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/057/index.htm)
┗核融合科学技術委員会
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/074/index.htm)
┗原型炉開発総合戦略タスクフォース
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/078/index.htm)
┗調査研究協力者会議等(研究開発)
┗「もんじゅ」廃止措置評価専門家会合
(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kaihatu/022/index.htm)

■復興庁
┣福島12市町村の将来像に関する有識者検討会
(http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat1/sub-cat1-4/20141226184251.html)
┗原子力災害からの福島復興再生協議会
(http://www.reconstruction.go.jp/topics/000818.html)

■環境省
┗東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する
専門家会議
(https://www.env.go.jp/chemi/rhm/conf/conf01.html)

■厚生労働省
┗薬事・食品衛生審議会(食品衛生分科会放射性物質対策部会)
(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-yakuji.html?tid=127896)




●次号配信は、平成30年10月19日(金)午後の予定です。

======================================================================
発行者:内閣府原子力政策担当室(原子力委員会事務局)
原子力委員会:岡 芳明委員長、佐野 利男委員、中西 友子委員
○メルマガへの御意見・御感想はこちらへ(お寄せいただいた御意見に対しては、
原則として回答致しませんが、今後の原子力委員会の業務の参考とさせていただ
きます。)
https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0017.html
○配信希望、アドレス変更、配信停止などはこちらへ
 http://www.aec.go.jp/jicst/NC/melmaga/index.htm
○原子力委員会ホームページ  http://www.aec.go.jp/
○このメールアドレスは発信専用のため、御返信いただけません。
======================================================================


            

戻る

ページの先頭へ