尾身大臣の第45回国際原子力機関(IAEA)総会出席及び
要人会談の概要について

平成13年9月25日
内   閣   府


 尾身科学技術政策担当大臣が、9月17日(月)からオーストリア国ウィーンで開催された、第45回国際原子力機関(IAEA)総会において、政府代表演説を行い、また同日、韓国、仏国及び米国の代表並びにIAEA事務局長と個別会談を行ったところ、概要以下のとおり。

1.出張者
(政府代表)
尾身幸次 科学技術政策担当大臣
阿部信泰 在ウィーン国際機関日本政府代表部特命全権大使

(政府代表代理)
浦嶋将年 内閣府大臣官房審議官
瀬山賢治 文部科学省大臣官房審議官
中村 進 原子力安全・保安院首席統括安全審査官
 長内 敬 外務省総合外交政策局軍備管理・科学担当参事官

(代表随員)
青山 伸 内閣府政策統括官付参事官(原子力担当)
中西 章 文部科学省研究開発局原子力課長
加藤元彦 外務省総合外交政策局科学原子力課長
鈴木 隆 資源エネルギー庁原子力政策課国際担当企画官  他

2.結果概要
(1)政府代表演説(骨子)

(2)要人会談
@韓国キム科学技術部長官との会談
 (07時30分〜08時30分:ホテル・ザッハー)

AエルバラダイIAEA事務局長
 (09時00分〜09時15分:総会会場内事務局長室)

B仏国コロンバニ原子力庁長官
 (09時25分〜10時:総会会場内日本代表団会議室)

C米国エイブラハム・エネルギー省長官
 (12時15分〜12時55分:総会会場内米国代表団会議室)