前頁 | 目次 | 次頁

日本原子力研究所昭和52事業年度事業計画


昭和52年4月

 内閣総理大臣の定めた昭和52年度原子力開発利用基本計画に基づく、昭和52事業年度における日本原子力研究所の認可済事業計画を次のとおり変更する。

T 基本方針

 昭和52年度においては、原子炉等の研究開発、安全性の研究及び核融合の研究開発を重点として推進するとともに、放射線利用研究及び関連基礎研究等について一層の充実をはかり、原子力の研究開発及び利用の促進に寄与するものとする。すなわち、

(1) 原子炉等の研究開発については、高速増殖炉、軽水炉及び多目的高温ガス炉に関する研究開発を炉物理、炉工学、燃料材料等の分野においてすすめるとともに、高速増殖炉等の研究開発に関する動力炉・核燃料開発事業団の計画に密接に協力する。

(2) 安全性の研究については、軽水炉の冷却材喪失事故時の模擬実験、反応度事故実験をすすめるとともに、燃料、材料及び構造等に関する安全性研究をすすめる。さらに、実用燃料照射後試験施設の建設をすすめるとともに、大型装置による安全性実証試験をすすめる。また、安全性研究に関する国際協力の充実をはかる。これらの試験研究の成果にもとづいて、各種の安全性解析コードの開発をすすめるとともに、国の原子炉安全審査に協力するため、これに関連する調査及び必要な計算解析を行う。

 このほか、放射性廃棄物の処理処分に関する研究、環境放射能の測定と評価に関する研究等、環境安全性研究をすすめる。

(3) 核融合の研究開発については、原子力特別研究開発計画として、臨界プラズマ条件の達成をめざした第二段階の核融合研究開発基本計画の主装置である臨界プラズマ試験装置の製作をすすめるとともに、プラズマの閉込め、加熱、計測等に関する実験等をすすめる。また、核融合炉システムの検討、炉物理、炉工学、材料、超電導コイル、トリチウム技術等の研究をすすめる。

(4) 放射線利用研究については、放射線化学、ラジオアイソトープの製造及び利用について研究をすすめるとともに、原子力特定総合研究の一環として関係諸機関との協力のもとに食品照射研究をすすめる。

(5) 20MVバンデグラフ加速器の建設をすすめる等、施設・設備の充実をすすめ、関連基礎研究の拡充をはかる。

(6) 保障措置技術の研究開発及び核物質防護対策をすすめる。

(7) アイソトープ事業については、ラジオアイソトープの定常的生産をすすめる。

(8) 研究炉、材料試験炉、ホットラボ、照射施設、加速器等の大型施設については、安定運転の確保につとめ、効率的利用をはかる。

(9) 国内及び海外原子力関係諸機関との協力をすすめる。

(10) 研究者及び技術者の養成並びに資料の収集をすすめるとともに、成果の普及につとめる。

U 事業の内容


1 原子炉等の研究開発

(1) 高速増殖炉及び軽水炉

 高速臨界実験装置(FCA)を用いた炉物理実験をすすめるほか、動力炉・核燃料開発事業団の行う高速増殖炉に関する研究開発に協力する。

 動力試験炉(JPDR)は出力運転を行う。また、プルトニウム燃料の熱中性子炉への利用に関する炉物理実験をすすめる。

(2) 多目的高温ガス炉

 大型ヘリウムループによる高温伝熱流動試験及び半均質臨界実験装置(SHE)による炉物理実験のほか、分散型被覆粒子燃料、黒鉛及び耐高温金属材料の照射研究等をすすめるとともに、炉心模型耐震試験及び破損燃料検出実験等の工学的安全性試験を行い、さらに高温炉心部構造試験及び高温二重配管試験の準備をすすめるほか、大型構造機器試験ループ(HENDEL)の設計を行う。また、多目的高温ガス実験炉の安全性解析コードの開発及び多目的利用システムの解析評価を行う。

 このほか、材料試験炉1号ガスループ(OGL−1)により燃料及び材料の照射試験をすすめるとともに、核分裂生成物挙動試験に着手する。また、高温ガスを利用した熱化学的水素製造に関する基礎研究をすすめる。

(3) 核燃料及び炉材料

 ウラン・プルトニウム炭化物燃料等の物性研究及び照射研究をすすめる。また、材料試験炉等による国産燃料及び材料の照射試験をすすめるとともに、レーザー法によるウラン濃縮の基礎的研究をすすめる。

(4) 関連基礎研究

 原子炉の炉物理、計測制御及び遮蔽に関する研究並びに原子力コードの整備をすすめる。また、核定数の測定、解析及び評価をすすめるとともに、重イオンによる核反応、燃料、材料の基礎物性、超プルトニウム元素等について、物理的及び化学的な研究を行う。さらに、これらの基礎研究に必要な20MVバンデグラフ加速器の建設をすすめる。

2 安全性の研究

(1) 工学的安全性研究

 緊急炉心冷却系実験装置(ROSA−V)による沸騰水型緊急炉心冷却系(ECCS)作動試験を開始するとともに、加圧水型緊急炉心冷却系に関する解析を行うほか、関連試験研究をすすめる。

 反応度事故試験に関しては、原子炉安全性研究炉(NSRR)による軽水炉の燃料破損実験をすすめる。燃料安全性に関しては、材料試験炉(JMTR)等による照射試験及びジルコニウム−水反応の研究をすすめるとともに、実用燃料の照射後試験の準備をすすめる。

 また、ミサイル事故荷重に関する調査及び原子炉の構成機器の耐震試験を行うとともに、国の安全性実証試験計画の一環として、大型装置により格納容器スプレイ効果及び配管信頼性に関する実証試験をすすめ、再冠水効果実証試験の準備を行い、さらに格納容器圧力抑制系信頼性実証試験に着手する。

 このほか、国際エネルギー機関の推進するNSRR−PBF計画及びLOFT計画に積極的に協力するとともに、ハルデン計画、インターランプ計画、オーバーランプ計画等に参加し、国際協力により安全性研究の一層の強化をはかる。

(2) 環境安全性の研究

 低レベル廃棄物固化体の安全評価試験、中・高レベル放射性廃棄物の固化技術の開発、廃棄物固化体の海洋投棄時の健全性試験、陸地保管・地層処分の安全評価等、放射性廃棄物の処理処分に関する研究をすすめるとともに、国の安全性実証試験計画の一環として、廃棄物固化体の腐食安全性実証試験の準備に着手する。

 また、再処理の前処理工程における放射能放出低減化の研究を行うほか、トリチウムの捕促、クリプトンの固定、環境における放射能の測定と評価及び排煙、廃水の放射線による処理に関する研究をすすめる。

(3) 原子炉安全性解析コードの開発及び安全審査解析

 (1)、(2)の試験研究の成果にもとづき、冷却材喪失事故解析コード、燃料安全性解析コード及び環境放射能解析コードの開発をすすめるとともに、軽水炉の信頼性評価手法の開発を行う。また、国の原子炉安全審査に協力するため、関連事項の調査及び必要な計算解析を行う。

3 核融合の研究開発

(1) プラズマ閉込めに関する研究

 中間ベータ値トーラス磁場装置(JFT−2)によるプラズマ閉込め実験をすすめるとともに、その改造に着手する。高安定化磁場試験装置(JFT−2a)については、トロイダル磁場の増力を完了し、20KGにおけるプラズマ閉込め実験を開始する。また、中性粒子入射及び高周波によるプラズマ加熱、プラズマ計測、プラズマ閉込めの理論等について研究をすすめる。

(2) 臨界プラズマ試験装置等の開発

 臨界プラズマ試験装置(JT−60)については、トロイダル磁場コイルの製作をすすめるとともに、真空容器等本体の製作設計等を開始する。また、非円形断面トーラス試験装置(JT−4)の調整設計を行う。

(3) 核融合炉の研究及び関連研究

 核融合炉システムの検討をすすめるとともに、真空壁の表面現象等炉心工学に関する研究を行い、あわせて超電導コイルの研究、核融合炉のブランケットに関する炉物理の研究、核融合炉材料の物性研究及び照射研究、トリチウム取扱技術の研究等、炉工学に関する基礎研究をすすめる。また、核融合炉実験用中性子源の建設に着手する。

4 放射線利用研究

(1) 放射線化学の研究
 (a) 開発試験

 放射線法による含フッ素高分子材料、有機ガラス材料及び水性塗料等の開発をすすめる。また、2号電子加速器を更新する。

 (b) 関連研究

 放射線化学反応の研究、超高圧下の方射線化学反応の研究等をすすめるとともに、低温化学照射装置による炉内化学反応の解明の研究をすすめる。

 また、高線量率加速器等による放射線化学反応の機構解明及び放射線高分子化学の研究をすすめる。

(2) 食品照射研究

 原子力特定総合研究の一環として、国の基本計面に従い、関係諸機関との協力のもとに指定品目、とくにみかんを中心とした食品の照射技術の開発をすすめる。

(3) ラジオアイソトープ製造研究

 核分裂生成物からの長寿命ラジオアイソトープの製造研究等をすすめるとともに、ラジオアイソトープの検定技術の開発をすすめる。

(4) アイソトープの利用開発

 カリホルニウム−252、クリプトン−85等のアイソトープの利用に関する研究をすすめる。また、外部のアイソトープ利用業務に協力する。

5 保障措置技術の開発及び核物質防護

(1) 保障措置技術の開発

 核物質計量のための分析技術の開発をすすめるとともに、保障措置情報システムに関する調査検討を行う。

(2) 核物質防護

 東海地区及び大洗地区について、響報システム、出入管理システム等の整備を行うとともに警備体制の強化をはかる。

6 アイソトープ事業

(1) ラジオアイソトープの製造及び頒布

 リン−32、金−198、モリブデン−99等の精製ラジオアイソトープ、イリジウム−192線源、コバルト−60小線源等の製造及び頒布をすすめる。

(2) 放射性廃棄物の処理

 日本アイソトープ協会経由等の他機関の放射性廃棄物の処理事業をすすめる。

7 研究者及び技術者の養成

 原子炉研究者及び技術者については、一般課程を2回、高級課程を1回、原子炉工学専門課程を1回、原子力工学短期講座を5回、放射線技術者養成訓練課程を1回、原子力入門講座を2回実施する。

 また、ラジオアイソトープ研究者及び技術者については、基礎課程を8回、高級課程を1回、専門課程を10回実施する。

8 成果の普及

 原子力の研究開発及び利用の促進に資するため、広報活動、技術指導等を含め、研究成果の普及につとめる。

9 施設の運転管理及び技術サービス

(1) 原子炉

 本年度は次の運転を行い、その効率的利用をはかる。

原子炉運転予定表


(2) ホットラボラトリ及び加速器等の共同利用施設

 (a) ホットラボラトリ(東海地区及び大洗地区)

 研究炉、材料試験炉(JMTR)による照射試料等各種燃料材料の照射後試験をすすめる。

 (b) 加速器

 線型加速器(東海地区)を核物理実験等に、共振変圧器型加速器(高崎地区1号)を放射線化学開発試験等に使用するとともに、共同利用を行う。

 (c) コバルト−60照射施設

 東海地区では、1万キューリー線源により、共同利用をすすめる。

 高崎地区では、60万キュリー線源により、気液相重合開発試験等を行うとともに、共同利用をすすめる。

(3) 計算センター

 原子炉の設計、原子力コード及び核データの整備等のため必要な計算業務をすすめる。

(4) 技術情報

 技術情報資料の整備及び技術情報の国際交流をすすめる。特に国際原子力情報システム(INIS)計画に関する業務の充実をはかる。

(5) 安全管理及び放射性廃棄物処理

 原子炉、ホットラボラトリ、各種照射施設等を中心とした放射線管理、個人被曝管理、環境放射能管理をはじめとする各種安全管理業務をすすめるとともに、これらに必要な管理技術の開発をすすめる。また、放射性廃棄物の処理業務をすすめる。

(6) 施設の保守管理・整備

 諸施設の保守、管理及び整備の業務をすすめる。

10 建設整備

(1) 東海地区

 (a) 安全性研究のため、実用燃料照射後試験施設、高レベル固体及び液体処理施設の建設、中央変電所の増設並びに付帯工事を行う。

 (b) 核融合研究のため、核融合炉実験用中性子源建家の建設を行う。

 (c) 多目的高温ガス炉の研究のため、高温工学特研の建設を行う。

 (d) 基礎研究のため、20MVバンデグラフ加速器建家の建設を行う。

 (e) 放射性廃棄物処理施設の整備のため、廃棄物貯蔵施設及び焼却処理装置建家等の建設を行う。

(2) その他の建設整備

 (a) 国の安全性実証試験計画の一環として、東海地区に大型再冠水効果実証試験建家及び廃棄物固化体の腐食安全性実証試験建家の建設を行う。

 (b) 放射性廃棄物処理施設(第2期)

 動力炉・核燃料開発事業団大洗工学センターから排出される放射性廃棄物の処理を行うため、大洗地区放射性廃棄物処理施設(第2期)の建設に協力する。


前頁 | 目次 | 次頁